2015年12月24日木曜日

ミステリアスな雪の芦ノ湖!リチャードジノリが似合うレストラン



冬の箱根も落ち着いた雰囲気で楽しめます。
冬というと季節的には寒い季節ですがジビエ料理が美味しい季節ですね。

芦ノ湖は雪でもオシャレ!

芦ノ湖の雪も大雪でもなければ暖房の効いた部屋から見ていると風情があります。
箱根は湯本から仙石原まで広いのですがその仙石原にあるレストランの食器がすべてジノリというので興味はあります。

仙石原にはよく行きますがなんとなく芦ノ湖方面へ曲がってしまうのでなかなかこのレストランへは行っていません。 機会があれば寄ってみたいと思います。 でもジノリは人気がありますね。

ジノリの食器と仙石原アルベルゴバンブー

仙石原にあるアルベルゴバンブーというレストランなのですがジノリの食器でなくても雰囲気的には好きですね。

でも芦ノ湖が見られないのが気になるところです。 

春にでも行ってみようかと思っています。 ところで大涌谷の噴火も落ち着いたようなので箱根も春は楽しみですね。

 大涌谷は箱根全体のようにイメージしている方がいるようですが箱根の一部地域なんです。 大涌谷の噴火レベルもレベル1に引き下げられているので大涌谷が活火山だという注意は必要だという意味なのでしょう。

冬の箱根の楽しみ方

冬だから楽しめる芦ノ湖の夕暮れは春や秋とは雰囲気が違ってより落ち着いた感じがあります。

芦ノ湖でのブラックバス料理は山のホテルでも人気があるようですが湖畔にあるお店ならブラックバス料理が食べられます。 

割と値段が高いのが気になるところですね。
鮮度の良さが高めの価格設定になっているのでしょう。 

ファミレスが少ないので最初から食事をとる場所は調べておいたほうがいいのかもしれません。 コンビニでお弁当も箱根なら楽しめます。 冬の箱根の楽しみ方をいろいろと計画しています。