2016年6月28日火曜日

クローゼットの中身は夏と冬で話題性が変わる?



クローゼットの中身についての記事を目にすることがあります。冬のクローゼットと夏のクローゼットでは少し意味が違う気がします。でも本当にクローゼットは季節で変化するのでしょうか?





クローゼットの中身から判断するオシャレ度

冬のクローゼットは広さにポイントがありそうです。コート類などもかさばるからなのでしょう。そこで収納力のあるクローゼットの作り方などの特集があるような気もします。
でも夏はやはりポイントを絞ってクローゼットを部屋にそのまま立てかけて見せるクローゼットの要素が強そうです。オシャレ度に関心が集まるのかもしれません。

夏だと必要な衣類というよりもお気に入りの衣類を取り出しやすくそしてそこに自己主張も出して・・・部屋にそのままクローゼットごとディスプレイのようなファッション性が求められたりもしたり・・・

クローゼットの中身には外せないもの




Tシャツとかデニムを無造作っぽく飾るのがおしゃれなクローゼットのようです。いつも着ているものをそのまま見せても演出になるようなものをセレクトしたいということなのでしょう。

でも毎年夏の時期にはトレンドのファッションコーデも変わってくるので見せられないものはやはりタンスの中なのでしょうか?

なんとなく複雑ですね。小物もそれとなく部屋に飾るというインテリア感覚も必要らしくて最初から好きな物よりも見せて絵になるような小物に限定されてしまいそうです。

本当に好きな物ならいいのですがそれでも古くなったものは処分するのでしょうか?

クローゼットを見せるということも難しそうですね。


いかがでしたか?
夏のファッションコーデにはTPOといっても演出することも大切なようですのでクローゼットに飾れない物たちを黴びさせないようにメンテしたいものですね。