2016年6月11日土曜日

ヴィンテージショップでランプをみた印象



ヴィンテージショップをみるのは楽しみでもあります。ヴィンテージ家具や古びたテーブルやなんとなくよくわからないガラスの小瓶などがあって落ち着きますね。




好奇心を満足させるヴィンテージショップ

日常的な物だったようですが年代物なのでレトロチックな雰囲気は独特ですね。ガラスの小瓶を鉛筆立てにディスプレーしてあるのを感心してみていました。

こんな使い方も出来るの?ということですが面白い使い方をヴィンテージショップのほうでも考えるものですね。

色調が暗いのがいかにもヴィンテージショップらしくてそういえば店内の照明もほの暗かったりもします。

ヴィンテージショップのソファー

お店でみたときはとてもオシャレなヴィンテージのソファーですがメジャーを持って行ってはからないと部屋に入るのかどうかもよくわかりません。

これは家電製品でも同じですがお店に置いてある物を自宅へ持って帰ると大きすぎたりもします。でもソファーの感じは新しい家具専門店のものと違ってとてもいいんですが・・・

その分値段もかなり高めです。一点物なので仕方がないのかもしれません。ヴィンテージ物は昔アメリカで使われていた電球など流通していた量は多いのかもしれませんが今探すと結構大変そうですね。

ヴィンテージショップの価格設定も海外買い付けの費用も含んでいるので自分で海外へ行って探すよりは安いと思います。

ランプなどはいかにもヴィンテージっぽくてオシャレ感がありました。


いかがでしたか?
ヴィンテージショップをのぞいてみるのも楽しみになってきそうですね。古道具屋さんだと和テイストの物がほとんどですが中には掘り出し物もありそうです。ただ部屋の雰囲気に合うかどうかが心配ですが・・・