2016年6月25日土曜日

気温に温度差がある梅雨の旅行ならトラベルウェアはパーカーが便利




雨対策は別にしても梅雨時は気温が急激に下がることも考えてトラベルウェアには気を遣うところです。日帰り旅行ならそれほど気にならない気温の差が2泊3日とかちょっとした小旅行には注意が必要です。そこでトラベルウェアを選ぶのに苦労するということになります。荷物が増えてもプチトラベルが楽しくないしそれでいて持って行った服が寒すぎると体調を壊したりももします。





梅雨時の小旅行のトラベルウェア

6月なので日差しが強いと気温もぐんぐん上昇してゆきます。こんなに暑いのならシャツだけでも十分のような気もします。ですが日差しがかげると急に肌寒くなることの多いのも梅雨時の天気の特徴でしょう。

御殿場のような高原都市ならとくに夏も涼しいぐらいなので梅雨時の気温差は結構気になるところですね。

小旅行なら荷物はあまり持ちたくないもの!ですが肌寒いと感じたらすぐに羽織れるものも必要でしょう。そういうときにオススメなのがパーカーですね。

邪魔にならないパーカーは小旅行には重宝します。もしも日差しが強くて暑く感じるときはパーカーを脱いでしまえればいいですし肌寒いときには軽く羽織れば一日楽しく旅行が出来ます。

こういった着脱たラクチンで着まわしのきくところがパーカーの良さなのかもしれません。

伊豆のように暖かなエリアへプチトラベル



たしかに伊豆は暖かなイメージがあります。伊豆高原に限らず暖かいエリアでも意外と朝方や夜などはめっきりと冷え込んできたりもします。

そういう時に対応できて荷物も軽くすむパーカーならラクチンですね。


いかがでしたか?
小旅行でも梅雨時は気温の差がかなりあります。御殿場の天気も一日のうちではかなり変化します。もともと夏も涼しい御殿場なので暑いときでもすぐに脱げるパーカーは1枚あると便利でしょう。