2016年6月13日月曜日

月と太陽の西洋占星術的な物語



西洋占星術では惑星が重要な意味をもっています。惑星は10個あることになっています。太陽が惑星?なぜなのかわからなくても西洋占星術では太陽も月も惑星ということになっています。





太陽と月の関係

太陽は表に出ている部分で月は裏側の部分をあらわすといわれていますが普通に行動している他人をみると太陽としての表面的な性格が強調されます。それでもふと違和感を感じる行動は月の影響なのかもしれませんね。

太陽占星学では生まれた時の太陽の位置で人の運勢を占います。最近人気の月をもとにした西洋占星術は心理学的な意味づけがされていて理解するために基本的な心理学上の用語などが知識として要求されます。


西洋占星術は性格だけをみるの?



一般に西洋占星術で関心をもたれるのが12星座と惑星ですが性格についてはお付き合いをしている異性に関する事柄や会社での人間関係や上司との関係など性格が関係していることが多いからなんでしょう。

相性占いは人気がありますが人間関係でのトラブルを避けたいからなのかもしれません。

西洋占星術でみる運勢に今月の金運があります

今月という限定が西洋占星術のファンには魅力なのでしょう。金運全体をみようと思うことって少ないとは思いませんでしょうか?人生における金運というと重いテーマになってちょっとだけ哲学的な要素が入ってくるような気もします。

金銭とか財産などは人間の経済生活にとっては必要不可欠なものなのでこういった金銭がらみの運勢も人気なのでしょう。ただ今月の金運はそこまでの重さはありません。ちょっとしたお小遣いが入ってくるかどうか?とかボーナスの使い道に関してなにか参考になる運勢情報がないか?などを気にしているからもありそうです。


いかがでしたか?
月と太陽!太陽占星学は普通の会話でも出てくる12星座になりますが月は惑星なので西洋占星術でもちょっとだけこだわって心理学的なテイストを感じたい占星術ファンを魅了するテーマのようですね。