2016年6月6日月曜日

マンションのベランダをオシャレに改造したい!そんなときに注意したい3つのポイント



マンションは既製服と同じで間取りも似たようなものですし室内の内装もそのマンションを購入したときの状態はごくごくありきたりで無個性なものです。少なくても自分好みの快適空間とはいいづらいような感じですね。




マンションを自分好みの快適空間に変えるために必要な知識

インテリアが好きなら自然にインテリア誌やファッション誌でインテリアのセンスが身についてきます。最初は新築マンションのモデルルームのようなキレイさに感激していてもそのうちあれってなんだったんだろう?という疑問を感じてきたりもします。

いくつかの新築分譲マンションのモデルルームを見学している内に販売向けマンションって映画の大道具小道具の世界だよね!と気がついてしまいます。

キレイに感じたオシャレなテーブルはその辺の事務機器ショップで安く購入した物らしくみえてきたり・・・この椅子もどこかで売っていたよね!とぼんやりと思い出してきたりもして・・・

ある瞬間にはたっと気がつくことになります。なんかこのマンションのショールームって安作り! なんかありきたり!

そういう経験から新築マンションには興味をなくして中古マンション探しが始まることも多いようです。

これはリノベをすると結構オシャレになりそう!そんな感じですね。

マンションのリノベで気になる3つの点


植物を置きたくても日照条件が悪くてすぐに駄目になりそう!

ウッディーな家具でインテリアをコーデしたくても壁や床がコンクリートだものね!

ベランダを改造して自分空間にしたいけどエアコンの室外機がダサイ!

まず室外機を上手に隠す工夫から始めなければなりません。それとベランダはコンクリートなのでウッディーな雰囲気からはほど遠いのが現実です。

購入した新築マンションはいずれ転売する可能性もあるのであまりいじれないとすると他人の部屋にすんでいるようですね。賃貸マンションとの違いがよくわからなくなってしまいます。

たしかに購入したマンションは自分の物のような気がしても所有権には銀行の抵当権がついていて毎月の住宅ローンの支払いが延滞すれば競売されてしまってどこかへお引越しなければなりません。

それなら自由にリノベの出来る中古マンションのほうがいいということで最近のリノベブームで中古マンションに人気が集まっています。

ベランダを上手に改造するために注意したい事


その部屋がマンションの何階なのかはリノベのためにも重要なポイントです。それとベランダの広さですね。

マンションでも最上階に近ければ風が通り抜けるので台風の時などは上手に配置した植物を大至急に室内へ取り込まなければなりません。あまり重い鉢物は無理だということになりそうです。

そのマンションを購入しようと思ったときに意外とたしかめていないのがベランダの広さでしょう。ベランダでお茶にしようと思ってもテーブルが入らなかったりソファーは無理だよね!という残園な結果になってしまい購入した後で後悔することも多いようです。

ベランダの床はウッドパネルを敷き詰めるそれらしくなります。でもスペースがなければオシャレな空間でのお茶の時間は楽しめませんね。

基本的なことは正確に確認してマンションを購入したほうがあとあとイメージ通りのナチュラルテイストなオシャレな空間が作れます。


いかがでしたか?
とかくマンションを購入するときにそのマンションが自分好みのマンションにリノベできるかよりも価格で決めたがります。でも・・・リノベが出来なさそう!となると住宅ローの返済が終わるまで他人の部屋に間借りしているような錯覚をしてしまいそうですね。