2016年6月23日木曜日

スーツのレンタルだと要らないかも!



スーツはビジネスの定番なのでレンタルするまでもなく数着はスーツを持っていると思います。でもスーツのレンタルというジャンルがあるのでレンタルしたい需要があるからなのでしょう。でもスーツですからね、レンタルというのも・・・




スーツのレンタルなら必要ないのかも!

冠婚葬祭でのスーツのレンタルなら必要だとは思いますが冠婚葬祭用のスーツのレンタルではビジネスになりそうもない気がします。市場が小さいのと利用頻度も少ないからのような・・・

手っ取り早く役立ちそうなレンタル用品にはいろいろな物があります。家具もありますしアウトドア用品やカメラなどレンタルカーもありますしこれはカーシェアリングというジャンルなのかもしれません。

そのなかでファッション関連でドライスーツのレンタルがあります。どういうときにレンタルスーツを活用するのか不思議な気もしますが具体例をみるとそういう使い方もありそう!と思ってしまいます。

カーシェアリングではなくレンタルカーの場合は年に数回も使わないという前提があります。過去にレンタルカーを借りたことが数回ありますが非常に便利なサービスです。

荷物を運びたい運搬用の車はもっと大きめで荷物がたくさん載せられなければならないのですが普通の車はそれほど荷物が運べません。

しかも引越業者のようなサービスを利用すると単純に大きな荷物を運ぶだけなのに費用がかなり高くつきます。そこまでの必要性はないのでレンタルカーを借りたわけですが正解でしたね。


突然に必要なレンタルスーツ




活用事例をみると意外に多かったりもします。入学式や冠婚葬祭でのスーツのレンタルは勿論ですが大切な商談のときにいい感じのスーツを着たいと思っても大切な商談がいつでもあるというケースも少ないのでしょう。

ほとんどの商談は普段のスーツで対応可能ですし・・・

わざわざ特別に大切な商談のためにスーツを買うのもその商談がまとまらなければ損失だけが発生してしまいます。

たしかにそれだけ情熱を傾けた商談という考え方も出来なくはないのですがたまたまの商談に選択と集中というビジネススキームを持ち込むのもリスクは高そうです。

大切な商談を選択肢してその商談に全力を傾けるのも結果が不透明でわからない時代です。その商談に集中するリスクとその後の商談に余力を持たせることがなんとなく違ってきているのも時代の流れなのかもしれません。


そしれ今の時代は無駄な支出は避けたいという流れなのでたとえスーツであってもレンタルで十分なら買うまでもないことです。どんなケースなら使えそうなのかというレンタルスーツの知識も知っておいて損はなさそうですね。

いかがでしたか?
すべて自前で購入する時代ではないようです。自分の好みで買っておきたいものとレンタルで十分なものは分けて考えたいものです。
特に重要な商談!というのがポイントのようです。そのためにわざわざスーツを購入すると費用対効果で合わなかったりもします。