2016年6月6日月曜日

隠れ家カフェで幸せタイム



人気の隠れ家カフェですが条件は自然を感じさせるお店のようです。ゆったりとくつろげるのは自然が一番なのかもしれません。





隠れ家カフェはこだわりのコーヒー

隠れ家の言葉から感じるイメージは開放的な海辺の潮風に吹かれる雰囲気とは逆で森林の息吹を感じさせるひっそりとしたお店だったりもします。

隠れ家カフェはいろいろあるようですがどのお店もウッディーな内装で窓から森や林がみえたりするのが特徴みたいですね。

では落ち着くかといえば小さなカフェショップなので店主との相性が微妙に影響してきたりもして難しいところもあります。

それでもお店の規模が大きく拡大志向にならないのはそのカフェショップのオーナーのポリシーなのかもしれません。

実はコーヒーの味で差がつく隠れ家カフェ



普通の珈琲店よりも建物自体は経年劣化している雰囲気があったりもします。それが魅力なのかもしれませんが・・・ビンテージの焙煎機がカウンターの奥に並んでいたりもして珈琲の香りが漂ってきます。

珈琲の種類も豊富だったりもしてコンビニの珈琲とは違いますね。空間が癒やし・・・そんな感じもします。それでも焙煎された豆を目の前で流れてくるのを見ていると丁寧な仕草に関心したりもするから不思議なものですね。

落ち着いて珈琲を飲もうと思ってもありきたりの珈琲ではがっかりします。雰囲気作りもレトロチックだったりヴィンテージものの家具が置いてあったりもして熟成された時間を感じさせたりもします。

そんな隠れ家カフェなら本でも持って行ってみたいものですね。


いかがでしたか?
癒やしとかくつろぎは自然があってのものですね。都会風のトレンド感を感じさせる珈琲店もいいんですがたまには自然派ナチュラルの癒やし系隠れ家カフェで自分空間を楽しみたいものですね。