2016年6月23日木曜日

リジッドデニムを育てないおしゃれなリジッドデニムの穿き方



リジッドデニムは育てるデニムだといわれています。生デニムなのでダメージやクラッシュという加工がなされているデニムとは別の存在がリジッドデニムだというイメージがあります。

ウォッシュ加工などはされていないのでこれを穿き込んで自分だけのデニムにしたいというのがデニム好きの性格なのでしょう。




リジッドデニムが都会風に見えるとき

こなれ感がないのはリジッドデニムの特性なので遊び心を満足させたければクラッシュデニムのほうがいいでしょう。今はセーターでも微妙にクラッシュが施されていたりもします。

最初からこなれ感や抜け感を楽しめるようになっているダメージデニムですがその色落ちした感じとクラッシュがおしゃれなカジュアルレストランには似合わないときもありそうです。

そういうときにリジッドデニムのコーデがしっくりときそうですね。ボトムスにリジッドデニムならシャツは爽やかな白をもってきたいところでしょう。

白いシャツをなにげなく着てボトムスにはリジッドデニムなら足元もパンプスでなくスニーカーを選びたいところです。


リジッドデニムは経年劣化する




リジッドデニムの特性で経年劣化を楽しむということも出来なくはないのですがそれはワークテイストが強すぎてあまりオススメできないところなのかもしれません。

デニムは少なくても数本は必要なファッションアイテムなのでそのうちのひとつにリジッドデニムを含めたいものです。

最初から経年劣化したようなウォッシュ加工のデニムとリジッドデニムだけしか持っていないということも少ないのかもしれません。

スキニーデニムが1本は必要なのかもしれませんしボーイフレンドデニムも欲しいところでしょう。それにクラッシュデニムと太めのデニムもあったらいいな!という感じでしょう。

ところで最近ロールアップにも変化があるようです。太めロールアップが人気のようですがこれは似合う人と似合わない人の違いなので好み次第なところもありますが・・・



いかがでしたか?
デニムでも少なくても数本は欲しいところですね。リジッドデニムを経年劣化させて育てるというデニムファンも多いのですが着ている期間は経年劣化させるほど長くないのがファッショントレンドなのでどうしてもリジッドデニムが欲しいときは新しいリジッドデニムを購入するほうがいいとは思いますが・・・