2016年6月18日土曜日

エスニック料理は夏ばて予防に最適!梅雨の季節でも美味しいね



本格的なエスニック料理は食べないのですが食べたい気がしないのも不思議なことです。エスニック料理は辛いというイメージが個人的には強すぎるからなのかもしれません。




タイ料理のレトルトカレー

タイ料理も辛いといわれています。エスニック料理が夏バテ予防にいい!というのはエスニック料理の本場東南アジアの国々の経験からくる生活の知恵なのかもしれません。

暑くて食欲が落ちてくる東南アジアの国々の熱帯での食事はスパイシーな香辛料が不可欠です。昔の日本だと夏痩せということが多かったようです。なんとなく食欲が落ちてきてあまりボリュームのある食品を食べなくなるからなのでしょう。

肉類は夏は苦手だという人も多かった時代がありました。ごはんに厚揚げかあっさりとしたお茶漬けしか食べたくないという暑い日本の夏だったのですがエアコンの普及でそういった事情はほとんどみられなくなってしまいました。

ごはんは梅干しで食べるのが一番とかごはんに油揚げそしてその上に大根おろしが定番だったのも湿度の高い日本ならの事情なのかもしれません。

ところで最近はレトルトカレーが好まれています。価格も安いものからちょっとした外食よりも高いものまで様々です。

そのレトルトカレーにタイカレーがあります。レッドカレーとグリーンカレーはお馴染みでしょう。

この味が本場エスニック料理の味なのかはわかりません。本場よりもマイルドになっているような気もします。本場のエスニック料理を食べたことがないので比較することはできないのですけれども。


暑い日本の夏は湿度の関係なのかも!



とにかく湿気が強いという特徴があります。除湿器に人気が集中するのも6月の梅雨時なので室内での衣類の乾燥も苦労しますね。そのままだと黴びてしまいます。

梅雨時は黴びとの戦いでもあるようです。そして除湿器の水はすぐにいっぱいに溜まってしまいます。こんなに空気中に水があったの?という感じですね。

日本では海洋リゾートが出来ない理由としてコンサルタントの方が書いていましたが湿気の影響のようです。海洋リゾートは暑くても海風は涼しいということがあげられていますが残念ながら日本の海ではびっしょりと汗をかいてしまって風が吹いても湿気が強くてさらりとしてはくれません。

そんなことから日本での海洋リゾートに問題意識を持っているようでした。でも気候は人間には変えられませんから。


いかがでしたか?
夏バテ予防ならエスニック料理といわれていますが辛いだけのエスニック料理は日本人には合わない気もします。タイカレーの味は日本向けにマイルドさを強調しているのでしょう。