2016年6月4日土曜日

アップサイクルの家具で自分好みの空間を作りたい!



リサイクルはオシャレ感がないというマイナスイメージですがアップサイクルならオシャレというのもトレンドなのでしょう。基本的にリサイクルもアップサイクルも再利用することなのですから・・・




自分好みの空間はアップサイクルの家具から

自作の家具を簡単に作れる時代になってきました。材料さえ手に入れば工具などはホームセンターで手に入ります。リサイクルだと修理やメンテのイメージが強かったのですがデザイン性をプラスすればアップサイクルになります。

デザイン力が決め手のようなイメージのアップサイクルですが販売されているアップサイクル商品はわりと価格が高いのが欠点です。

でももともとは古い物の再利用なので材料は同じですね。するとデザイナーのセンスによることになります。でもデザイナーといっても他人の感覚なのではたして自分好みかどうかは疑問もでたりして・・・

形はもとの形なので色彩を変えるという方法が一番簡単ですね。色彩って個人の好みがとても強く出てしまいます。

デザイナーだからと思って購入するセンスでは部屋のインテリアそのものを既製品化
してしまいそう!

だったら素敵空間の家具は自分好みに作りたいものですね。


アップサイクルはトレンドでも新品を購入したほうが安いこともある!




趣味の領域ならいいとは思います。家具の色なんて気に入るまで何度でも塗り替えられます。手間がかかるのが難点ですがもともとアップサイクルの家具が欲しいのなら手間の内には入らないのでしょう。

それにヴィンテージ家具を購入するという選択肢もありますがヴィンテージ家具はかなり高いです。

古い時代の外国で配送用に使っていた箱がレトロチックだからという理由だけで非常に高価な値段になります。

そこまでこだわらないのも自分らしさなのでヴィンテージ家具は必要最小限にしてアップサイクルで家具を作ってしまうというのが今のトレンドでしょう。

アップサイクルは家具だけではないのでなんでもアップサイクルできます。古い衣服を安く買ってきて好きなように組み合わせて多少加工すれば簡単アップサイクルの完成となります。

こういうことは楽しみのひとつなのですでに販売されているウッドの家具が素敵でも自分の好みでリサイクルショップで加工できそうな素材の家具を購入して色のトーンを変えたり好みにカットしたりして自分だけの家具を作りたいものですね。


いかがでしたか?
アップサイクルの家具を高価な値段で購入するのならヴィンテージ家具のほうがいいのかもしれません。だだビンテージ家具は好きなように集めると統一感のない雑然とした部屋になりそうですが・・・