2016年6月23日木曜日

おしゃれな部屋には壁紙で変化をつけたい



インテリアでポイントとなるところは比較的目につきやすい壁なのかもしれません。おしゃれな部屋にしたいと小物におしゃれグッズをそろえても全体の印象では雑然とした雰囲気が漂いそうですね。




おしゃれな美しい部屋は壁紙を貼り替えることからはじまる

壁のトーンは部屋の印象を決定する重要なポイントです。小物で美しい部屋を演出したいのなら壁は白がオススメなのかもしれません。部屋のトーンが白ならばカラフルな小物でも引き立ちますしウッディーな感じの落ち着いた木目調の家具もくっきりと印象よく映えてみえます。

周りに色がないからなのでしょう。でもごちゃごちゃ感のある壁なら家具も高価な家具でもなんとなく片付かない部屋のような印象になってしまいます。

壁をホワイトにペインティングすることが効果的だとはいっても白だけでは個性的ではないと思うのかもしれません。

部屋にポイントを置くか家具を上手に見せたいのかで違ってきますね。

壁紙にも表情があったりもして!




白い部屋があまり好きでない場合もありそうです。その場合は雑然としたゴチャゴチャ感を出来るだけだしたくないですね。

しかも壁紙でがらりと部屋の印象が変わってきます。趣味の領域ですがどんな部屋にしたいのかをイメージすることから始めたいものです。

白い壁だと飽きる!というので壁紙にこだわりたいわけです。そして壁紙も個人的な好みで選ぶわけですから上手くゆけば快適な自分好みの空間ができます。

壁紙でそれほど違うの?と思われるかもしれませんがたとえばウィリアム・モリスとローラアシュレイでは雰囲気がかなり違ってきます。

純和風という選択肢もありますし最近人気の壁紙はかなりいろいろな壁紙があったりもして・・・


いかがでしたか?
今までの部屋のインテリアを変えたい!とか気分を変えてみたい!など部屋のインテリアを変えることに興味があるのなら壁紙選びからはじめてみたいものですね。