2016年7月2日土曜日

時間管理術とタイムマネジメントは同じなのでしょうか?



一日を有効に活用するためにはタイムマネジメントが必要だとされています。時間管理術は隙間時間に様々な仕事をこなすマルチタスクのようなイメージがありそうです。




タイムマネジメントが必要なとき

隙間時間とは関係なく優先度の高い事柄に大切な時間を確保する必要があるというイメージがします。

時間管理術だとどこかの時間帯に出来るだけ多くのタスクを入れるというイメージもありそうです。でも結局同じようなものなのかもしれませんが使い分けている人もいるようで不思議ですね。

時間を管理しても成果が見えない時代になってきました。だれでも時間管理のツールとしての手帳やスマホを使える時代なので手帳でもスマホでも好きなツールを使えばいいのでしょう。

でもほとんどは決定済みのスケジューリングですね。スケジューリングの組み替えなどはスマホでは時間がかかってしまい断念することも多いようです。

成果を生むタイムマネジメントから発想の時代へ


タイムマネジメントであっても時間管理術であっても成果が出ないという悩みが多そうです。手帳は持たないし使わないというビジネスの仕方がいいという意見もあります。

工場での精緻な時間の組み立てだけでは企業が生き残ってゆくことは難しそうですね。すると何が成果に結びつくのかの判断がもっとも大切なことになりそうです。

これは創造力の世界なので才能と能力差が極端に分かれたりもして・・・

できれば単純に予定をスケジューリングするだけで企業がまわってゆけばいいのですが。


いかがでしたか?
時間管理術では成果が見えない時代ならやはり発想力になるのでしょうか?才能といわれると努力のしようがなくなっていまって・・・