2016年7月9日土曜日

仕事のキャリアに不安を感じる時代の保険とは




どんな仕事もその仕事をこなせるようになるまでの期間と努力が必要になります。せっかくマスターした仕事なのに会社の景気が不安定でリストラされるリスクの高い時代には今までのキャリアが無意味になる可能性もあり保険をかけておきたいところでしょう。




仕事のスキルに保険をかけるなら

今後10年間で消えて無くなる職種のようなデータがあったりもします。ITの影響で人間が必要でない仕事も増えてゆきそうです。

アパレル関連でもレジの無人化がニュースになっていたりもして機械に出来る仕事は出来るだけ機械にやらせたいのが会社なのでしょう。

突然の解雇に備えてスキルに保険をかけるなら今後伸びそうな仕事を選ぶしかないのかもしれません。でもそれが好きな仕事なのか嫌いな仕事なのかによっても価値観に差が出てきますね。

価値観で生活出来るのは富裕層だけ?



あまり生活が豊かで無くても楽しくて好きな仕事を選びたいものですね。ただそういう仕事がいつでもあったのは高度成長期までなのかもしれません。

派遣労働の形態が日常化してきている日本だとお仕事を選ぶことも難しそうですね。


お給料が安くても楽しい仕事ならいいとは思いますがお給料が安くても仕事が無いといわれると困ってしまいます。

価値観に合わない仕事でも我慢して続けていた例は過去にも結構あります。絵が好きで画家になるほどの才能には恵まれなかったけれども絵を描くための時間が欲しいから工場で働くというケースなどはそんなパターンなのでしょう。

でも機械では出来ない仕事でも人間なら誰にでも出来る仕事しか残っていないという困った事態が派遣労働なのかもしれません。

派遣切りなどのニュースをみるたびに保険のきく仕事がいいと思ってしまいます。


いかがでしたか?
仕事選びも就職活動から!そんな時代に再就職なら過去のスキルはあまり役に立たないことも多そうですね。できれば生活に困らない保険を仕事のスキルに掛けておきたいものです。