2017年4月11日火曜日

ネットで見つけた超整理手帳の特殊バージョン!超整理手帳オリジナルリフィル3



超整理手帳は便利なようで情報の記載欄がメモ帳しかないのが不便でした。数年前にYouTubeの動画で見つけた超整理手帳オリジナルリフィル3ですが最近はこれが一番合っている気がします。



手帳関連で気になるものが多いYouTubeの動画

システム手帳でも面白い使い方をしている動画がありますが日本的な手帳はあまり色を使わないようです。欧米系の動画だとカラフルにカスタマイズされた手帳のページが数多くみつかります。

実用本位で時間の無駄を省きたいのならあまりカスタマイズしないほうが手っ取り早いし仕事が速くなるのかもしれません。ただビジネスっぽさが強くて楽しくないのもそんな感じがしそうです。

ファイリングシステムとシステム手帳を上手に活用すれば仕事の効率がアップするのは事実なのかもしれません。仕事が超多忙ならそういうシステムがピッタリですし記入したリフィルをこまめに分類して整理するのも仕事に役立つのはたしかなようです。

とはいえオフの日はシステム手帳ではなくモレスキンという選択がいいのかもしれません。モレスキンの良さはサイジングにあります。それに軽いですし・・・

ただモレスキンからシステム手帳に情報を転記するのがちょっぴり面倒っぽいです。

販売ページは過去でも購入できたラッキー

過去に販売していたが今でも購入できるというのでネットで申し込んだのですが送られてきたファイルを超整理手帳のカバーにはさんで使ってみたところなんとなく違和感があって一時中断していました。

ここのところこの超整理手帳オリジナルリフィル3がメインですがなんでも白紙に書いておいてそれをスケジュールと相互参照するのがとても便利ですね。

下の半分が白紙なのでなんでも自由に書いておけます。フリースペースを多くとったのも実用性ではかなりの使い勝手の良さがあります。

TODOでもアイデアでも本の感想でもマインドマップでも何を書いても自由ですしこれをスケジュールの落とし込むのも超簡単なので管理の苦労がいらないのもお気に入りなんです。

今は購入できるのかわかりませんが数年前は購入できました。これに年間カレンダーを1枚バインドしておけばほとんど用が足ります。

毎月月末に翌月分をプリントアウトするので転記の面倒がありましたが過去の購入した超整理手帳のカバーを前月分1ヶ月を別冊にして持つことで転記の面倒臭さもほとんど解消されました。

蛇腹式なので好き嫌いはあると思いますが慣れれば案外操作が簡単なんです。しかも翌月と翌々月の小さな書き込みできるカレンダーがついていますので詳細な予定は別にしてもほとんどのことはこれで十分だと思います。


手帳は今のライフスタイルに合っているかどうかで選びたいところです。デザインで選ぶのなら超整理手帳でもシステム手帳でもいい手帳カバーが販売されています。でもそれが生活に合っているかは別なようです。