2017年7月7日金曜日

日記ブログはなぜ読まれないのか?


日記ブログを書くのは止めようという記事がありました。日記なら自由に書いてもよさそうですがブログとしての日記ブログは読む人がいないよ!というような内容のブログ記事でした。



日記ブログは読まれたがっているのか?

日記なので読む読まないは読者の好みでしょうしコンテンツの多い専門ブログでも専門外の人には他人の日記ブログと同じようなものなのかもしれません。

ところで専門ブログってなにかの情報を集約して発信しているブログのようです。記事の内容もたとれば釣りだとかアウトドアや旅行など好きなテーマで自分が調べたことや経験したことなどをあれこれと書いているブログのことらしいんです。

その専門性は趣味の違いのようなものでもあり趣味の違う人同士ならお互いにいいコンテンツだとは思えないのでしょう。

そういう専門ブログを書くように勧めている記事だったのですがなんとなく疑問が出てきてしまいました。脱毛ブログというブログがあるらしいんですが効果的な脱毛の知識をまとめているらしいんです。こういう役に立つブログ記事が良コンテンツだといわれているのが現状なのでしょう。

とはいえ脱毛エステに興味が無いのなら新聞の折り込み広告と同じで読まずにゴミの日のゴミ回収へだすわけです。読まないんですよね!感心のない広告なんて・・・

日記ブログよりも専門ブログのほうがいいという理由は実際のところよくわかりません。せいぜい個人的な好みの問題なのかもしれませんね。